売却する

任意売却を手掛ける不動産業者が増えてきています。これまでは専門機関に依頼して行うケースが多かったものですが、最近ではより有利な条件で売却ができることから、多くの需要を集めています。任意売却とは、住宅ローンが払えなくなった際に、競売にかけられる前に自分で買い手を探すことです。 ローン返済が滞ってから一定機関が経つと、ローンの残債は回収業者に移り一括返済を求められることになります。もちろんそれはほとんど不可能なので、競売によって処分されることになるのです。そのような物件には魅力ある優良なものも多いことから、多くの不動産業者が扱うようになってきているわけです。この傾向はこれからも続くと見られています。

任意売却を行う上で注意すべき点があります。差し押さえまでの期限内に売却する必要があります。そのために、できる限り早めに任意売却を決断することが大切です。通常はローン返済が半年滞ると督促状が届き、さらにそのままにしておくと物件は差し押さえられることになります。この時点ではもう、任意売却は不可能となります。 そのために少しでも長い期間をかけて売却活動を行えるようにすることが必要です。さらにその金額設定も重要なものとなります。欲を出して高めの設定にすると、なかなか買い手がつかない恐れがあります。さらに値を下げるとなると、売れない物件というイメージがついてしまいます。最初の金額設定がとても重要となります。