ローンについて

マイホームを購入した時の住宅ローンがほとんどなくなってきたのであれば、今度は中古ワンルームマンション等の収益物件を購入しましょう。債務がほとんどないマイホームという不動産を持っていることで金融機関も融資をしてくれやすくなっています。自分が保有している不動産を最大限活かして運用をすれば、生活を豊かにすることも可能です。中古ワンルームマンションは1戸あたり1000万円から2000万円くらいかかりますが、マイホームを担保に入れることで、頭金は少額で購入することが可能となります。できれば2戸もしくは3戸の中古ワンルームマンションを持っておきましょう。多少古い物件であれば比較的安く購入することができます。

マイホームの他に中古ワンルームマンション等の不動産を保有しておけば、不動産市況が活況となってきたときに売却することで大きな利益を得ることができます。不動産は好景気の際には上昇する傾向があります。好景気の時には物価も上昇し、生活費もかかりますから、不動産を保有して家賃を少しずつ上げていくことで、この物価上昇分を相殺することができるのです。また、不動産市況が過熱気味になって大きく上昇するような場面があったら、一旦売却をして利益を確定しておくのも1つの方法です。一方、不景気の時には、じっと保有して家賃収入を得ていればよいのです。景気が悪くなっても収入が途絶えにくいという点が不動産投資の特徴ということができます。